過去のニュース

母校 スーパーサイエンスハイスクール最優秀賞を受賞

全国SSH指定校206校の頂点に!
東高の自然科学部物理斑微小重力チームの5名。この度、最優秀の文部科学大臣賞を受賞しました。昨年の「科学技術振興機構・理事長賞」(全国二位に相当)に続く、2年連続の快挙です。
おめでとう!!後輩諸氏の活躍に拍手を送ります。卒業生の皆さん、母校・生徒さんと共に、喜びを分かち合い下さい。

■朗報に接し、松井昭憲支部長から安本直校長に祝意を表しました。以下原文のまま、ご紹介いたします。

●8月29日 全国スーパーサイエンスハイスクール最優秀賞受賞おめでとうございます。

「平素より清流会東京支部活動では大変お世話になり深謝申し上げます。
この度の全国スーパーサイエンスハイスクールでの最優秀賞受賞、誠におめでとうございます。清流会東京支部の役員内でも、この快挙のニュースが飛び回りました。全国SSH指定校206校の頂点ですから、それは快挙です。東高の生徒のレベルの高さは勿論のこと、安本校長の”自治創造、明朗親和”の精神を後押しする強いリーダーシップの賜物と思います。
東高の名前が全国レベルで知られことは、我々卒業生の誉れであります。是非、来年以降も連続受賞を勝ち取ってください。

安本様に11月10日(金)の清流会東京支部同窓生の集い2017でご拝眉できますことを清流会東京支部一同楽しみにしております。
以上、メールでのお祝いとなり失礼申し上げます。まだまだ残暑厳しい折から、是非、ご自愛ください。清流会東京支部長・松井昭憲 拝

安本校長からの返電です。

●8月29日 祝メールありがとうございます。

この度のSSH生徒研究発表会において文部科学大臣表彰を受賞できましたことは、誠に有難い快挙であり、清流会の皆さま方に胸を張ってご報告できる結果となりました。

昨年度の科学技術振興機構理事長賞(全国2位に相当)に続く受賞とあって、本校の研究レベルの高さを全国に示すことができた反面、次年度以降へのプレッシャーも大きなものががありますが、また角度を変えながら研究に取り組んでくれるものと期待しています。
多くの方々からお祝いの言葉を頂戴し、生徒達も誇らしい気持ちで新学期を迎えることでしょう。

11月の東京支部の会には改めてご報告させていただきます。お目にかかれますことを楽しみにしております。

兵庫県立加古川東高等学校校長 安本 直(やすもと すなお)

*尚 このメールの公開は、両氏からの了解を頂戴しております。

 

20170823加古川東高スーパーサイエンス賞←神戸新聞記事

0810SSH発表会1

チーム5名の諸君

チーム5名の諸君

因みに兵庫県内のSSH高は、武庫川女子、神戸、龍野、尼ヶ崎小田、明石北、豊岡、三田祥雲館、六甲アイランド。の計9校です。

SSH文科省_NEW ←文科省・プレスリリース

大きな幕だぁ!

大きな幕だぁ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校力ランキング(2016年合格実績)

週間東洋経済・10月25日号から母校を見た。全国順位(私立を含む1位~257位)では、86位にランクされていた。

兵庫県内の公立校では4位だった。

県内1位・神戸高校(全国27位)、2位・長田高校(28位)、3位・姫路西高校(69位)、4位・加古川東高校(86位)、5位・市立西宮高校(107位)、6位・兵庫高校(107位)、7位・姫路東高校(136位)、8位・宝塚北高校(142位)、9位・明石北高校(177位)、10位・小野高校(199位)。

IMG_0251

母校の2016年合格実績 卒業生数354名。難関国立大 73名(現役45名)、[東大 3、京大 10、旧帝大・一橋・東工・神戸 60、]

国公立・医学部 7、早慶・上智 17、MARCH 4、関関同立 312。
注:MARCHとは、明治・靑学・立教・中央・法政の略

 

MBS・学校に行こっ!に「東高応援団が登場」

6月6日のMBS放送で、母校応援団が登場していました。関西地区のみですから、東京では見れません。放送を見られた同窓生の方から、画面の提供を頂いたものをご紹介します。後輩たちの元気な姿をご覧ください。現在は女子生徒さんが団長だそうですよ。

学校に行こう

東高応援団3_NEW 東高応援団2_NEW 東高応援団1_NEW

 

高67回・赤松秀政君

高67回・赤松秀政君

団長だった赤松君。昨年11月の「同窓生の集い2015」で、エールを披露してくれました。後ろは司会役のNHK・高瀬アナ(高46回)。

 

母校・PTA活動のご紹介

会長・加古武史氏、副会長・難波一郎氏、後援会長・坂田克己氏と、現在 高36回生の面々が活躍されています。
先日の兵庫県PTA連合会で加古氏が発表された母校の「交通安全研修」です。なつかしい母校の様子、微笑ましい後輩母校生の姿などご覧ください。

PTA加古武史氏1 ここをクリック

4月8日 平成27年度・母校入学式が行われました。

本年の入学者は360名。高70回生です。後輩皆さんの前途を祝福してあげてください。

平成27年4月8日 入学式

平成27年4月8日 入学式

松井支部長とご相談して、昨年秋に東京支部で制作した「母校90周年・小アルバム」を、この機会に坂田PTA会長(高36回)を通じて母校に贈りました。図書室にでも置いて頂ければ幸いです。

P1000048
P1000049
P1000050
P1000051

PTA誌 「From east 67号」 県代表に選ばれました。

IMG
ここをクリックして下さい。67号表紙 
2年連続の快挙です。昨年11月14日の「東高生の集い」でお配りした物です。お手持ちを見直してください。
pta誌65号表彰状

昨年、65号が近畿大会で入賞しました。

創立90周年記念講演(高25回生 内田氏)          演題・クリーンな社会と燃料電池ー研究の最前線ー

内田裕之氏(高25回)・山梨大教授

内田裕之氏(高25回)・山梨大教授

内田氏記念講演約40分あります。

母校創立90周年記念式典の模様

平成26年10月25日、母校講堂で挙行されました。
映像は約1時間あります。お手すきにでもご覧ください。

10月25日の「母校創立90周年」 記念講演は内田裕之氏(高25回・山梨大教授)にお願いしました。

演題は、クリーンな社会と燃料電池-研究の最前線-でした。内田氏は我国燃料電池研究の第一人者です。満場の同窓生、後輩生徒の皆さんも、多大の感銘を受けられたことでしょう。

同期生の講演とあって高25回生の方々も、大勢応援に駆け付けられました。東京支部からも高見浩三氏、田頭秀雄氏などのお顔が見えます。

10月25日高25回1

内田氏を囲んで高25回生の皆さん。加古川プラザホテルにて
写真はハリマ産業新聞社提供

創立90周年

創立90周年2

 

10月25日・「母校90周年記念祭典」

おごそかに母校体育館会場で挙行されました。祝賀会は、なごやかに加古川プラザホテルで。

記念講演は我国・燃料電池の第一人者、内田裕之・山梨大教授にお願いした。

90周年4           90周年5

 

90周年3

 

90周年2