過去のニュース

被災地・同窓生から、お便り(8)

ニシカワ食品 鬼追い饅頭

●5月8日 茨城県鹿嶋市・高29回生 このたびは心温まるメッセージに加え結構なものを送って頂きましてありがとうございました。さっそく家内(高32回生)ともどもおいしくいただきました。

あらためて東高の強いきずなを感じ、良い母校を持った思いと、よき伝統を守り続けている卒業生の皆さまおよび在校生それから先生方に感謝するとともに、誇らしく思った次第であります。

当地は東北に比べると被害は軽く家の修理はいくらか残っているようですが、ほぼ普通の生活に戻っております。会社にほうも一時は大変でしたが応急復旧はほぼ完了し生産も通常の9割程度まで戻ってきております。

これからは福島原発がはやく終息し、東北の復興を祈るばかりであります。最後になりますが、今回 いろいろとお骨折り頂いた同窓生の方々、およびニシカワ食品さま、小林さま、本当にありがとうございました。

●5月10日 茨城県守谷市・高22回生 昨日、同窓会からの贈り物を受け取りました。開けてビックリしましたが、震災に遭われた同窓生に対しての後輩諸君と皆さまのご厚志と承りました。清流会の結束と東高諸君のお気持ちに触れ「東高バンザイ!」の心境です。まことに嬉しく有難く頂戴致します。

私の場合、おかげさまにて実質的被害は何もなく、無事でありました。懐かしいニシカワパンの方々や皆様方に、何卒よろしくお伝え頂ければ幸甚です。

●5月10日 仙台市青葉区・高17回生 このたびは結構な品と在校生たちの震災応援メッセージ写真を頂戴し、いたみいります。三笠をなつかしく頂きました。大変ありがとうございました。

3・11の地震以来、余震に怯える日々で、仕事上仕方なく被災を受けた建築物と戦っておりますが、幸い自宅のある青葉区は最小の被害で済んでおります。個々の建築は、それなりに何らかの被災をしており、材料や人の手配の関係上なかなか修復に至らないものがありますが、生活面ではそれほどの不自由はほとんどありません。

宮城は神戸のとき、ペアリングを組み、相互に助け合う約束が出来ていて、大勢の応援団が兵庫県からも来ており、ときおり見かける姫路ナンバーの車に涙する日々でありましたが、一日も早く立ち直って皆さまの応援にお答えできるようにがんばります。心から今回の応援にお礼を申し上げる次第です。ありがとうございました。

なお、ニシカワ食品・西川隆雄さまにもよろしくお伝えくださいますようお願い申し上げます。

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>