過去のニュース

被災地・同窓生から、お便り(11)

茨城県ひたちなか市

●5月14日 仙台市太白区・高21回 この度のご厚情、有難く頂戴いたしました。清流会東京支部、母校後輩諸氏のお気持ち大変心強く、また深く感銘を覚えずには居られませんでした。

幸い拙宅ではライフラインも復活、日々の買い物も落着き、日常を徐々に取り戻しつつあります。まだまだ余震は続いておりますが、皆さまのお気持ちを糧に乗りきって行けるものと信じております。皆様方のご厚情に対し、心から感謝申し上げます。

●5月15日 茨城県水戸市・高40回 この度は清流会よりお心遣いをいただきまして大変ありがとうございます。地震当時は、水戸市から6㌔北にある、ひたちなか市の会社で執務中でしたが、非常に大きな揺れが5分近く続き、建物のコンクリート壁が目の前で崩れ落ち、隣りの建物の避雷針を見ると、折れそうなくらい撓って左右に揺れていました。これまで経験したことのない規模でした。この状況が目に入って来た時は、もう万事休すかと覚悟した次第です。

その後、ライフラインや公共機関の停止など不便な状態がしばらく続きましたが、現在は元の生活に戻っています。本当にありがとうございました。

●5月16日 仙台市青葉区・高7回 先日はお見舞いを頂きありがとうございます。余震がまだ続き多少の不安は残っていますが、なんとかやっています。私共の被害と比べるともっと大変な方が多く、心痛な思いです。

●5月16日 仙台市青葉区・高18回 新緑が美しくなりました。先日はお心遣い頂きありがとうございました。余震はあるもののほぼ通常の暮らしが送れるようになりました。大きな被害に遭われた方々になにか出来ることはないか・・・と思っても何も出記ず、ただ日常の生活を無駄なくきちんと過ごすことを心がけようと思っています。

●5月18日 茨城県ひたちなか市・高34回 この度はお心遣いありがとうございました。故郷の味と後輩たちの元気な姿に懐かしさがこみ上げて来ました。家屋の被害こそほとんどありませんでしたが、その後の停電、断水、ガソリン不足に苦労する日々でした。現在は当地は交通網もほぼ元に戻りましたが、東北地方はまだ厳しい状況が続いています。本当にありがとうございました。

●5月20日 茨城県古河市・高19回 この度は心温まる激励のお手紙、又、懐かしいニシカワパン様製造の饅頭も届けて頂き、大変ありがとうございました。当地はお陰さまで被害もほとんどなく無事に過ごす事が出来ました。それにもかかわらず暖かいお心遣いを頂き心からお礼を申し上げます。有難うございました。同窓会諸氏の益々のご活躍を祈念致しております。

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>