過去のニュース

支部長ごあいさつ

清流会東京支部の皆様へ

松井昭憲支部長(高30回)

松井昭憲支部長(高30回)

皆様におかれましては、時下、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、私は平成16年より清流会東京支部の支部長を務めさせて頂いております松井昭憲と申します。卒業年次は高校30回(昭和52年度卒業)で、諸先輩方から見ればまだまだ若輩者では御座いますが、支部運営においては各年次からバランス良く選出して頂いた支部役員・幹事の方々と各年次代表の年次幹事の方がたに力強く支えられ支部運営を行っているところで御座います。

東京支部の最大のイベントは毎年11月に開催している東京支部年次総会・懇親会ですが、お陰様でここ数年は200名を越す同窓生の参加を頂き賑やかに行っております。平成27年からは「同窓生の集い」と改称させて頂きました。会の運営に際しては、毎年、清流会本部と加古川東高校からのご来賓挨拶に加えて、清流会東京支部会員で各分野の第一線で活躍されておられる方々によるOBゲスト・スピーチ、TBS解説委員でかつ支部役員でもある杉尾秀哉氏司会のゲーム大会、卒業年次毎のテーブル配置、卒業中学も入れた名札等々皆さんが楽しんで頂ける工夫を盛り沢山に組み込んだ趣向にしております。

昨年(平成27年)の総会では、旧制中学の大先輩から卒業したばかりの大学生(高67回)まで実に年齢差半世紀以上の幅広い層の総会とすることが出来ました。

加古川東高校は創立大正13年に旧制県立加古川中学校として創立して一昨年で90年を迎える伝統ある高校です。その同窓会である清流会は、本部に加えて各地の地域支部・職域支部で構成されておりますが、その中で東京支部は本部に次いで最大の支部であります。そして現在、東京には約2300名の卒業生がおられ、毎年その1割以上の方々がこの東京支部総会に参加されておられます。

まだ、一度もこの総会に参加されておられないという方は一度覗いて頂けないでしょうか。そこでは、何年か前、或いは数十年前に同じ教室で勉強した級友があなたを待っています。また、普段の生活や仕事では知り合えない大先輩や後輩とも新たな知り合いになれる機会でもあります。我々、東京支部の役員・幹事そして年次幹事は、皆様が思い出を懐かしみ、また新たな出会いの場をご提供出来れば誠に幸いで御座います。今年は11月13日(金)19時より21時まで、市ヶ谷にありますアルカディア市ヶ谷(私学会館)で開催致します。是非、当日皆様とお会い出来ればと思います。

最後に、清流会東京支部の運営に今後も益々のご理解とご協力を賜れば誠に幸甚で御座います。

平成28年1月吉日

清流会東京支部支部長 松井昭憲