過去のニュース

竹花 豊氏(高20回生)・基調講演記事

2011年12月25日 読売新聞

「教育ルネサンスフォーラム・教師力シンポジウム」での竹花氏記事をご紹介します。
同氏は現在、東京都教育委員としても活躍されています。

空を突き抜ける634メートル 「東京スカイツリー」

(c) 神戸新聞社

今や東京一の人気スポットになった 「東京スカイツリー」

このビッグプロジェクトに、我が清流会同窓生が深く関わっている。中島健三氏(高17回生・東武鉄道)。2012年春の完成が待ち遠しい。

東武鉄道が全社を挙げて、この計画に参戦を決意した時からのご担当。このたび 神戸新聞社 ”新兵庫人・第15部 東京を彩る” にご登場。同紙6月6日の記事をご紹介いたします。

■スタッフ注:神戸新聞社・日曜大型企画 「兵庫人ー挑む」、「新兵庫人ー輝く」へ、今までにご登場された清流会会員の方々のお名前です。(敬称略)

◆「兵庫人」 第8部 公に生きる (4)女性たちの足跡 住田裕子(高22回)、第12部 芸能東西 (3)歌は世につれ 菅原洋一(高4回)、第13部 脱 失われた10年 (4)再生 西見 徹(高19回)。

◆「新兵庫人」 第10部 発信 視聴者へ (3)朝の声、顔 杉尾秀哉(高28回)、(4)型破り 小西美穂(高40回)、第12部 負託に応える (1)女性首長 清水ひろ子(高19回)、第15部 東京を彩る (1)名所を作る 中島健三(高17回)。

(c) 神戸新聞社

母校地学部 大活躍 「グランプリ受賞」

岡山理科大で開かれた「日本地質学会」での受賞。神奈川大学でも「全国高校生理科・科学論文大賞」を受賞しました。後輩の皆さん、頑張ってますね。

記事を見つけられた横浜市在住の同窓生の方(高32回生)から、わざわざ 地域版をお送り頂きました。お便りには「最初にこの記事を見つけた時には思いがけなくて、大変驚きました。でも、次にこの記事を見つけたことがとてもうれしくなって、お知らせしたかったのです。母校の後輩たちが活躍していることを誇りに、私も横浜でがんばりたいと思います」と添えられていました。

同じく横浜の方(高16回生)からも「優秀な後輩が続出ですので、東高の名を汚さないようにしたい」と感想が寄せられました。

その後 やはり横浜市ご在住の旧制中学・大先輩からも、”記事みたよ!” と、ございました。新聞・地域版の強さを思い知った次第です。

皆さま素直にお喜びです。うれしいですねぇ。母校通信にある、神戸新聞の記事と合せてご覧ください。

研究素材の”竜山石”とは、これ又懐かしい言葉です。石の宝殿・竜山の観濤処などは、小学校の遠足で行きましたね。地元では”たっちゃま”と言ってましたが(笑)。

神戸新聞「新兵庫人」小西美穂さん(高40回生)

小西美穂さん 関西学院大学卒業後、よみうりテレビ入社。その後日本テレビへ移籍。歯切れのよい語り口で人気抜群の美人キャスター。東京支部総会の司会にも登場した。体力には自信あり。「東京マラソン」も10K完走。「知的体力を磨いていきたいと・・・」。

現在 夕方17:00の「リアルタイム」サブキャスター。皆さん 彼女を応援してやってください。

クリックすると拡大紙面が見られます。↓

神戸新聞「新兵庫人」杉尾秀哉氏(高28回生)

兵庫ゆかりの人物を多角的に取り上げてきた、神戸新聞の大型日曜企画・「新兵庫人」。

兵庫 この多様な風土が、いかに豊かな人材を育んできたか。

今週(1/24)、来週(1/31)と、愈々 我らが清流会会員が相次いで登場です。

クリックすると拡大紙面が見られます。→

高28回生・TBS杉尾秀哉氏の記事「遊遊ライフ」をご紹介します

(c) 中日新聞社

高28回生・TBS杉尾秀哉氏の記事「遊遊ライフ」をご紹介します。

杉尾氏は大の愛犬家、時間に追われるお仕事の合間をぬっての愛犬達との交流。ほほえましい場面をごらんください。

クリックすると拡大紙面が見られます。→

神戸新聞記事を掲載

11月6日開催の支部総会へ神戸新聞・東京支社から取材に見えました。

その記事が11月11日付けの、同紙・東播版に掲載されておりますのでご覧ください。 →新聞紙面はこちら (注: 記事は神戸新聞社の著作物です。)

読売新聞 竹花 豊氏(高20回生) 「許すな組織暴力」

2007/06/10 
「読売新聞 竹花 豊氏(高20) 許すな組織暴力」

日本経済新聞 住田裕子さん 弁護士(高22回生) 「時間術」 4回シリーズ

トッパン・フォームズ会長 福田泰弘氏(高6回生) 定石は覚えて忘れろ