過去のニュース

保護中: 清流会東京支部 同窓生の集い2016 写真ギャラリー

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:

保護中: H25年 東京支部総会写真ギャラリー

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:

平成23年 清流会・東京支部総会 ご案内

本年の同窓生ゲストスピーカーは、福島県相馬市から小山健一氏(高48回生・同市建設部長)にお越しいただきます。

昨年の総会より(新人紹介)

「3・11東日本大震災」の被災地で、復興に奮闘しておられる同窓生。現地からの生の声をお聞きください。

●月日:平成23年11月25日(金)

●時間:19:00~21:30(受付 18:30から)

●場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)3F富士の間

●会費:男性8000円、女性6000円、フレッシャーズ(高55回まで)4000円、学生2000円、旧制中学、新卒(高63回)、ご招待

●アクセス:地図(こちらをクリック)

昨年の総会より

地下鉄、JR中央線、市ヶ谷駅下車徒歩2分。

出欠のご連絡は11月12日までに各年次幹事の方までお願いいたします。

年次幹事が不在。または連絡先がお分かりにならない場合は、問い合わせフォームからご連絡ください。事務局から折り返し連絡させていただきます。

●(1)総会案内(pdf)

●(2)プログラム(pdf)

●(3)小山氏プロフィール(pdf)

昨年の総会より

母校 「ニュートンの林檎の木」接ぎ木を植樹

本年の理数科新設を記念しシンボルツリーとして「ニュートンの林檎の木」と「メンデルの葡萄の木」が植えられた。11月8日にオープンハイスクールで訪れた中学生の前で、生徒さんが植樹した。正門ロータリー南側に「葡萄」、清流館前に「林檎」、「アンネの薔薇」が見られる。

「万有引力の法則」発見のきっかけとなった林檎の木。1964年、ニュートンの生家にあった木の接ぎ木がイギリス国立研究所長から日本学士院長に贈られたのを、東大・小石川植物園で育てていたもの。

東高への分譲を依頼していた苗木を11月5日に安積秀幸校長が持ち帰った。当日 ご厚意でその帰途 東京支部総会会場で一足早く披露を受けた。

写真は会場で披露されたその苗木である。まだ80センチ位の幼い姿だが、やがて母校の庭でたわわに果実を実らせてほしい。

保護中: H22年東京支部総会写真

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:

保護中: H22年東京支部総会動画ギャラリー

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:

総会記事:神戸新聞

(c)神戸新聞社

22年度・東京支部総会(11月5日・都内市ヶ谷)の神戸新聞記事です。

7日朝刊・東播磨版に掲載されました。郷里の皆さまも、東京支部皆さまのお元気な様子をご覧になられたことでしょう。

H22年 清流会東京支部総会のご案内

今年の同窓生ゲストスピーカーには、クリーンエネルギー「燃料電池」の研究者として著名な山梨大学大学院教授・内田裕之氏(高25回)にお願い致しました。皆さまお誘い合わせで、ぜひお越しください。

昨年度総会風景

  • 日付:平成22年11月5日(金)
  • 時間:19:00~21:30(受付 18:30から)
  • 場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)3F富士の間
  • 会費:男性8000円、女性6000円、フレッシャーズ(高54回まで)4000円、学生2000円、
    旧制中学、新卒(高62回)、ご招待。
  • アクセス:地図(こちらをクリック)
    ○東京メトロ、都営地下鉄、JR中央線、各市ヶ谷駅下車徒歩2分

出欠のご連絡は10月20日までに各卒業年度の年次幹事の方までお願い致します。
年次幹事が不在、または連絡先が分からない場合は、問い合わせフォームからご連絡ください。事務局から折り返し連絡させて頂きます。
● (1)総会案内(pdf)
● (2)プログラム(pdf)
● (3)内田氏プロフィール(pdf)

H21年東京支部総会写真

image01 image02 image03 image04

H21年東京支部総会写真を、登録会員限定にて公開します。ログインのうえ、こちらをクリックし写真ギャラリーをお楽しみください。

会員登録がお済みでない方は、こちらから登録をお願いいたします。

東京支部事務局

平成21年度・東京支部総会

H21年支部総会風景

H21年度総会風景

11月6日(金)、都内市ヶ谷・アルカディア市ヶ谷(私学会館)で開催されました。今年で35回目となります。出席者総数は199名。中学17回生から高60回生まで、実に半世紀以上の年代が集いました。加古川から山口勝英副会長(高15回)、安積秀幸加古川東高校長が来賓としてお見えになりました。山口副会長は直前の文化の日に黄綬褒章を受章されたばかり、東京支部全員でお祝いを申し上げました。

今回のOB・ゲストスピーカーは、日本語教材出版で世界的に著名な凡人社社長・田中久光氏(高9回)にお願いし、「外国人に日本語を教えるという仕事」と題して、国際化の進む日本社会の中でのまことに意義深いお仕事の実際や、先駆者としてのご苦労をお聞かせ頂きました。

恒例のTBS・杉尾秀哉氏(高28回)司会によるジャンケン大会も、大勢の会員有志からご寄贈を受けた豪華賞品の獲得合戦で熱気ムンムン。賞品はかなり行き渡ったようです。高60回生も壇上で杉尾氏からインタビューを受け、その姿は初々しい限りです。

最後に大先輩による旧制中学校歌 流れて尽きぬ加古の川・・・の合唱。続いて全員で東高校歌、唱歌故郷を合唱して幕を下ろしました。来年又 元気な顔でお会いしましょう。

今回は特に、神戸新聞社東京支社さんから取材にお見えになり、来週火曜日以降の東播版に記事掲載をして頂きます。お楽しみに。

尚 高解像度写真は期限があります。お早めにプリントしてください。

来年は11月5日(金)に決定しております。是非 ご予定願います。