過去のニュース

高41回・鞍田崇氏(明治大学理工学部准教授)NHK・Eテレ「趣味ドキッ!」に登場。

はじめに+目次  ←クリックしてください。
テキストはこちらです。 http:// www.nhk-book.co.jp/detail/000062287572018.html

松本 民芸・木工

4月24日(火)放送のNHK・Eテレ 11:30~55 「趣味ドキッ!」 私の好きな民芸 ”松本 家具・木工” に登場します。 鞍田氏は哲学者。プロフィールには「哲学をバックグラウンドにして、社会や暮らしのあり方を考えています。」とあります。 民芸大好きな同窓生がご案内する番組をお楽しみください。

鞍田 崇氏(高41回)

鞍田 崇氏(高41回)

編集者注:鞍田氏からコメントが寄せられています。
「同窓生の皆さんにご覧いただけることは、何より嬉しくあります。どうぞ皆さまにくれぐれもよろしくお伝えください。」とありました。

ミニブタでお馴染みの尾代裕子さん(高46回)「毎日新聞」の記事です。

イラストレーターの尾代裕子さん。ミニブタに、はまっています。
そんな愉快な彼女の日常生活が毎日新聞記事に紹介されていました。ペット?の「風太郎」君も今や100キロ超の堂々たる風格!          記事詳細は https://mainichi.jp/articles

毎日新聞4月11日記事

毎日新聞4月11日記事

東京支部「同窓生の集い」では、尾代さんにいつも司会役をお願いしています。

司会中の尾代さん

司会中の尾代さん

 

高31回・福井毅氏記事 「日経アーキテクチュアー  2018年1月11日号」

旭硝子にご勤務の高31回・福井毅氏。日経アーキテクチュアーに登場していました。
テーマ ”建築を変える新技術・ビジネス” の中で、「交流できる窓ガラス」の商品開発に取り組まれているご様子が掲載されていました。

以下同誌の記事をご覧ください。

福井毅(高31回)日経アーキテクチュアーー1月号  ←クリックしてください。

東高・自然科学部の生徒さんとの福井氏。左端は猪股先生。

東高・自然科学部の生徒さんとの福井氏。左端は猪股雅美先生。

又 福井氏にはお仕事の合間を縫って、東高・自然科学部の活動にもご協力を頂いています。

 

写真家・松重輝夫氏(高7回)写真展「第8回 自分を探して幾千里」

このほど松重氏の写真展が、ニコンプラザ銀座・フォトスクエア(中央区銀座7丁目)で開かれた。
今回のテーマは”2秒間の世界”。1年間の制作期間に撮影した2万点の中から厳選された10点。

発表された作品は,観る人を松重氏の世界に誘う。

松重輝夫・第8回

松重輝夫第8回2

 

作品について説明する松重氏

作品について説明する松重氏

作品の前で談笑する、高7回生の方々

作品の前で談笑する、高7回生の方々

当日集まった高7回生の皆さん。後列右端が松重氏

当日集まった高7回生の皆さん。後列右端が松重氏

 

 

 

 

 

日テレ・小西美穂さん(高40回)「人生が変わる。1分間の深イイ話」に登場します。

日テレ・夕方番組の news every でお馴染みの小西さん。
同局・月曜日の番組「人生が変わる。1分間の深イイ話」に登場します。

放映は3月12日(月)21:00~です

news everyでの密着や、加古川市出身であることなど、これまでの経歴が放映されます。皆さん 同窓生の活躍をご覧ください。
番組の案内はこちらから。 http://www.ntv.co.jp/fukaii/

東京支部「同窓生の集い」で杉尾氏、高瀬氏とご一緒の小西さん。

東京支部「同窓生の集い」で杉尾氏、高瀬氏とご一緒の小西さん。

高30回・松井昭憲氏「京都大学・丸の内交流会」で講演。

松井昭憲氏(清流会東京支部・支部長)が、母校京都大学の「丸の内交流会」で講演しました。昨年からスタートしたこの会は東京地区のOBの方に、実業界のリーダーとアカデミックな方(主として教授)が交代で講師となり講演会を行っています。

2月21日は9回目で、会場・新丸ビルで開かれました。大変に盛況で今回は特に金融関係の方が多かったそうです。

松井氏の演題は「アセットマネジメントビジネス ~グローバルかつ経営者の視点から~」でした。 下記ご紹介をご覧ください。

松井氏・丸の内交流会

松井氏(高30回)2月21日 京大・丸の内交流会

松井氏(高30回)2月21日
京大・丸の内交流会

 

 

井本史夫氏(高16回)の「猫楽吟」。文学記念館に登場します。

福井市橘曙覧文学記念館

福井市橘曙覧文学記念館

井本氏の歌集「猫楽吟」が、福井市橘曙覧文学記念館の企画展「作家と猫」に登場します。

橘曙覧は幕末の福井市の歌人・国学者として知られている。当時としては異色の花鳥風月ではなく日常生活に題材をとり身近な言葉で読むという特長があり、明治期の歌壇に大きな影響を与えた方です。
我らが井本氏の「猫楽吟」にも相通ずる処が、今回の企画展に繋がったのではないでしょうか。福井県は全国学力テストでも常に上位にある地域。その地の文学記念館に同窓生の歌集がとりあげられるのは快挙ですね。
猫楽吟1

猫楽吟2

 

高46回・高橋和也氏。神戸新聞記事よりご紹介します。

味の素(株)に勤務の高橋和也氏(播磨南中)。自社製品の開発にご活躍の様子が、神戸新聞の記事にありました。ご覧ください。

神戸新聞・高橋和也(高46回)

この商品、ご愛用の方も多いでしょうね。

 

小西美穂さん(高40回生・日本テレビ解説委員)の著書紹介「3秒で心をつかみ、10分で信頼させる 聞き方・話し方」

大阪よみうりTVから日本テレビへ移り、報道キャスターとして活躍されている小西美穂氏。この度初めての著書を上梓されました。
永年の記者・キャスターとしてのキャリアーで身に付けた「聞き方、話し方のコツ」をまとめられたものです。同窓生の著書をご紹介いたします。

今回の初著書

今回の初著書

BS日テレ「深層NEWS」より

BS日テレ「深層NEWS」より

 

 

 

清流会会長に大庫隆夫氏(高28回)が就任されました。

大庫隆夫・清流会会長

オークラ輸送機(株)副社長 昭和55年関西学院大学・商学部卒
平成29年8月6日、新会長に就任。

高瀬耕造氏(高46回)・平成29年8月6日

 

同日の清流会本部総会。東京支部ではお馴染みのNHK・チーフアナウンサー高瀬耕造氏(高46回)が、同窓生スピーカーとして講演。各年次の方々との写真撮影で引っ張りだこだったとか(笑)。

海外研修用ピンバッジ

海外研修用ピンバッジ

これは生徒さんが海外研修旅行の時に着用します。1ケ 千円以上です。母校後輩たちの援助に購入して上げてください。詳細は東高HP「ふるさと納税」のページで。