過去のニュース

新入学する高69回生、入学式は4月8日です。

3月19日に2014入試・合格発表がありました。入学式は4月8日です。

翌日の3月20日に、早速「合格説明会」が開かれました。その光景をご覧ください。

先輩の皆さんも、まるで昨日のような感慨にふけられるのでは(笑)。

新入生は父兄と共に、緊張しています

新入生は父兄と共に、緊張しています

会場光景

会場光景

H26 3 20 物品購入の様子 1

説明会が終って、先ずは物品の購入に行列

H26 3 20 物品購入の様子 2

物品購入会場

H26 3 20 吹奏楽部部員募集中

早速、吹奏楽部が新部員獲得に

 

 

 

 

 

2014入試 高校合格発表

3月19日 兵庫県公立高校入試の合格発表がありました。

この嬉しそうな中学生の姿をごらんください。はじけるようなこの笑顔、いいですねぇ。まさにこの世の春です(笑)。

このお子さんたちは高69回生となります。

加古川東高合格発表20140319

■スタッフ注:この写真は庄司圭介氏(高38回)から、ご提供頂きました。

合格発表_NEW

 

 

東高PTA誌「From East 65号」が、兵庫県代表に

第65号(平成25年9月30日発行)が、このほど近畿高等学校PTA連合会・広報誌コンクールの兵庫県代表に選ばれました。県代表に入ったのは初めてです。

審査は3月8日にあります。果して加盟430校の頂点に立てるか(笑)。

昨年はお隣の姫路西高が最優秀賞に輝いています。

この65号は、昨年11月8日の東京支部総会で皆様にお配りしたもので、ご記憶に新しいと思います。もう一度お手元の65号を見直してください。

PTA誌65号_NEW

65号の11P  「社会で活躍する先輩たち」に登場した4氏の記事は、当HPでも紹介してあります。

写真は東高PTAの編集陣・精鋭ママさんチームの皆さんです。

PTA誌・編集陣

65号は、見事 会長賞を受賞しました。

pta誌65号表彰状

 

 

 

 

 

 

 

工学フォーラム2013で、加古川東高校「文部科学大臣賞受賞」

後輩の皆さん頑張っています。先輩も鼻が高い。(5校受賞の他の4校、海南高校・和歌山、小松・石川、千里・大阪、中央・茨城の各校です)

 

工学フォーラム2013

 

工学フォーラム_NEW_0001

 

(クリックしてください)

工学フォーラム20131

お二人以外のお名前

岩本有加さん(3年)、伊東万奈瑞さん(3年)、竹谷亮人さん(3年)、松下沙矢香さん(3年)、五百井悠一郎さん(2年)、藤原奨さん(2年)、
川勝太郎さん(2年)、稲岡大悟さん(2年)。

フォーラム工学20133

若園玲子さん(2年)、長谷川真緒さん(2年)

日本テレビ「遠くへ行きたい」 加古川東高・地学部が登場

 

9月29日(日) 5:30~6:00 放送です。遠くへ行きたい_NEW

 

 

ボストン爆弾テロ事件、母校にも影響。

母校にも影響が及んでいるとは・・・。

4月18日 日経新聞記事(関西)より

母校PTA誌 From East 64号(高65回生卒業特集)

「2月28日発行の64号」 抜粋紹介いたします。

今年卒業の高65回生は、東京支部にとりましてもご縁の深い学年です。1年生の夏休み、理数科40名生徒さんの研修旅行のアテンドを支部先輩のご協力で行いました。

つくば・産業技術総合研究所の見学。東大駒場キャンパスでの特別講義。都内宿泊ホテルでの講演。横浜での地学部コンテストの応援。いずれも東京支部として初めてのお手伝いです。

そして平成23年3月11日の東日本大震災。2年生だった65回生全員が被災地同窓生の皆さんにお見舞いメッセージを送ってくれました。

前63号の「社会で活躍する卒業生たち」には支部の先輩4名の方が登場しました。今秋の支部総会には、東京へ進学された新人が多く参加してくれるでしょう。

先輩の皆さん 歓迎してやってください。

 

 

 

 

2月28日 母校卒業式が行われました。

時計塔・銘板

 


今年の校門の写真、ちょっと以前と変わっているのにお気づきでしょうか?そうです。時計塔が変わりました。
今年の卒業生は高65回生。卒業生の皆さん、ご父兄の皆さん。おめでとうございます。

昨年4月3日の強風で、前の時計塔が倒れました。そこで新しい時計塔が再建されました。初代は高35回生が寄贈したもの。今回の2代目は高65回生が寄贈しました。

そこで面白いご縁のお話。親が35回生、子供が65回生の組み合わせが何と4組もいらっしゃる。伝統ある加古川東高ならではの親子のご縁

です。そこで4組を代表して西尾(小池)由香里さん、西尾ひとみさん母娘のお写真を、頂戴しました。微笑ましい母と娘のツーショットをご覧ください。

西尾さん母娘

時計盤面の校章

以前の正門風景

 

 

新しい時計塔

 

 

旧制加古川中学(中16回生)のアルバムから 6.

 

 

教科として、配属将校の指導により軍事教練が行われていました。青野ヶ原練兵場(現小野市)での演習。

旧制加古川中学(中16回生)のアルバムから 5.

生徒たち

体育大会

戦時中ですが、先輩たちの明るい笑顔をご覧ください。肩からの下げ鞄、ゲートル(脚脚絆)を巻いた姿でした。

運動場での体育大会(運動会)。後方の大きな校舎は武道場で、柔道、剣道の道場がありました。その後ろ側の中庭にテニスコートがありました。

この武道場は戦後、男女共学になってからは家庭科の教室に変わり、調理設備があり夏休みなどの合宿練習に利用していました。又 廃止されていた柔道などの練習は講堂で行いました。

高鉄棒の後方にある三角の山は、射撃訓練の標的場です。昭和30年ごろまで運動場の東端に残っていました。