過去のニュース

渋谷秀樹氏(高25回・憲法学者・前立教大大学院教授) 母校訪問記

去る6月17日に何十年振りかに母校を訪問された渋谷氏は、このように振り返る。

 

18歳の浪人時代に大学受験の内申書作成の依頼と受け取りに行って以来の来訪でした。明日は体育祭だそうで、校内に入るや否や体操服の後輩生徒達が運動場に向かって走り出していた。4月に着任された志摩直樹校長は東高出身者ではなく、姫路の淳心学院だそうでしたが、ご夫人は東高の卒業生と言うお話でした。

1階の校長室でいろいろとお話しした後、拙著贈呈の写真をとって4階の図書室に行きました。電話で連絡を取って頂いた鈴木田信子司書に、お礼を兼ねてご挨拶をしました。

高校時代はずいぶん本(主に歴史ものの小説)を借りて読んだことを思い出し、懐かしかったです。一時間ほどの来訪でしたが、とても爽快な気分になりました。

その時の写真です。校長室での写真。そして図書室内での「清流文庫」前での写真です。高校生向け教科書「新精選現代文B」を手にした自分の写真前ではとても面映ゆい感じでした。

今回の新刊書もあわせて手元にあるこれまでの主だった著書も寄贈させて頂きました。

1-2-1

 

2-2-2

 

清流文庫リスト追加しました

2021/06/22追記:

寄贈リスト4を追加しました。

「清流文庫」同窓生・寄贈リスト

「清流文庫」同窓生・寄贈リスト2

「清流文庫」同窓生・寄贈リスト3

「清流文庫」同窓生・寄贈リスト4r1

渋谷秀樹氏(高25回)の新著「憲法を読み解く」

憲法学者 前立教大学大学院教授の新著が、6月に有斐閣から発売されました。

著者は語る。本書は専門家ではないけれども日本国憲法に書かれてあることをもっと知りたいと考える人を想定し、その基本から知って欲しいという気持ちで書き進めました。

どの条文からでも読み進めることができるそうです。一般人でも書店で手に取ってみてください。

IMG_2185

渋谷秀樹氏(高25回)

渋谷秀樹氏(高25回)

写真は著書「憲法への招待」が採択された高校生用教科書「現代文B」を手にする渋谷氏。母校でも生徒さんがこの教科書で学んでいます。

筆者注:渋谷氏は現在、郷里の加古川に居を移されています。

 

 

高40回・小西美穂さんの新刊をご紹介します

平成30年の「同窓生の集い」で講演をしていただいた高40回の小西美穂さんが今月、新刊「報道キャスターが現場で学んだ42の仕事術」を出版されました。Withコロナ時代のコミュニケーション力、とても参考になります!
Konishi

清流文庫リスト追加しました

「清流文庫」発足以前から寄贈されていたものとあわせて、令和2年6月以降に追加されたリストです。

2020/07/28追記:
リストを追加しました。

2020/10/14追記:
リストを追加しました。

2021/03/26追記:
リストを追加しました。

2021/06/22追記:
リストを追加しました。

「清流文庫」同窓生・寄贈リスト

「清流文庫」同窓生・寄贈リスト2

「清流文庫」同窓生・寄贈リスト3

「清流文庫」同窓生・寄贈リスト4r1

高25回・渋谷秀樹氏「立教法学102号」

今年2020年3月に立教大学を退官された渋谷氏の「教授退職記念号」です。2000年4月に同学法学部教授に着任され、その後法科大学院の草創メンバーとして携わってこられたご様子が記されています。しかし 記念号が出るなんてすごいですね。
IMG_20200530_0001

渋谷秀樹氏・立教法学

IMG_20200531_0001

高25回生・藤井義晴氏の著書ご紹介

藤井氏は東京農工大学・大学院教授です。農学研究、特にアレロパシーの大家として定評があります。その著書3点を東高図書室の「清流文庫」にご寄贈頂きました。以下 著者からの著書紹介です。

1最新刊「生物たちの生き残り大作戦」 2020年・新星出版社。珍植物をわかりやすく書きました。
藤井義晴(高25)2

2「へんな名前の植物」2019年・化学同人。研究に関係ある面白い植物を紹介しました。東高時代の思い出も書いている。
藤井義晴(高25)1

3「植物たちの静かな戦い」2016年・化学同人。自分の研究を紹介したもので、30年間の成果を入れてあります。
藤井義晴(高25)3

●更に愉快なお知らせがあります!
タモリ俱楽部
深夜のTV番組で大好評の「タモリ俱楽部」に藤井義晴氏が出演されています。放送日はTV朝日6/5日(金)深夜の0:20~です。お楽しみにお待ちください。関西は東京よりかなりずれますが、朝日放送6月27日(土)の0:30と思われます。
”雑草を研究する風采の上がらない変な先生”(ご本人の弁による)と言う扱い。何を置いてもご覧ください(笑)。

2020-05-30

今出洋一氏(高16回)・新刊「神の子鬼の子狐の子」ご紹介

今出氏の最新刊・5冊目の著書です。
今出洋一(高16)5
今出氏は大学卒業後、流通業大手のジャスコ(現イオン)に入社。新規事業を立案・実施する部門で活躍されていました。定年退職後、執筆生活に入られ本書で5冊目となります。船橋市在住。

2016年 大坂のべろべろ。 2017年 人斬り伝八郎。 2017年 噛んだろか婆さん。 2018年 播磨の男達。  2020年 本書 (何れも一粒書房発行)。

上記5冊共、加古川東高図書室「清流文庫」に所蔵されている。

折戸(野口)誠子さん(高50回)・新刊「弁護士の現場力」ご紹介

大手弁護士事務所所属の折戸さん、若手バリバリの刑事専門弁護士です。新作共著。副題は”弁護人就任から終了までのスキルと作法”とある。2019年 ぎょうせい発行。
折戸誠子(高50)4
既3点と共に加古川東高校図書室「清流文庫」に所蔵されている。

清流文庫が充実してまいりました

一昨年暮れに産声を上げたばかりの清流文庫ですが、大変充実してまいりましたので、リストを掲載いたします。

「清流文庫」同窓生・寄贈リスト

清流文庫R1年10月時点2

清流文庫R1年10月時点4

清流文庫R1年10月時点5