過去のニュース

本年の同窓生の集い等について

本年の同窓生の集い及び、東京支部体制について2点ご連絡いたします。

本年の同窓生の集い等について

高25回・平野秀樹氏を「ビジネス情報誌のトップポイント」で発見。

2020年上半期でよく売れた本のトップテンに堂々の入賞です。平野氏は現在郷里にお住まいで、姫路大学教授としてご活躍です。著書も多数で、早速に「清流文庫」へのご寄贈を快諾いただきました。

高25回・平野秀樹氏

高25回生・平野秀樹氏ご紹介←ここをクリックしてください。

高14回・今田忠彦氏「新聞記事のご紹介」

元横浜市教育委員長・今田忠彦氏の朝日新聞記事です。ごらんください。

今田忠彦

今田 忠彦(高14)教科書採択2020」 朝日新聞 2020.7.21 ←クリックしてください。

清流文庫リスト追加しました

「清流文庫」発足以前から寄贈されていたものとあわせて、令和2年6月以降に追加されたリストです。

2020/07/28追記:
リストを追加しました。

「清流文庫」同窓生・寄贈リスト2

高25回・渋谷秀樹氏「立教法学102号」

今年2020年3月に立教大学を退官された渋谷氏の「教授退職記念号」です。2000年4月に同学法学部教授に着任され、その後法科大学院の草創メンバーとして携わってこられたご様子が記されています。しかし 記念号が出るなんてすごいですね。
IMG_20200530_0001

渋谷秀樹氏・立教法学

IMG_20200531_0001

高25回生・藤井義晴氏の著書ご紹介

藤井氏は東京農工大学・大学院教授です。農学研究、特にアレロパシーの大家として定評があります。その著書3点を東高図書室の「清流文庫」にご寄贈頂きました。以下 著者からの著書紹介です。

1最新刊「生物たちの生き残り大作戦」 2020年・新星出版社。珍植物をわかりやすく書きました。
藤井義晴(高25)2

2「へんな名前の植物」2019年・化学同人。研究に関係ある面白い植物を紹介しました。東高時代の思い出も書いている。
藤井義晴(高25)1

3「植物たちの静かな戦い」2016年・化学同人。自分の研究を紹介したもので、30年間の成果を入れてあります。
藤井義晴(高25)3

●更に愉快なお知らせがあります!
タモリ俱楽部
深夜のTV番組で大好評の「タモリ俱楽部」に藤井義晴氏が出演されています。放送日はTV朝日6/5日(金)深夜の0:20~です。お楽しみにお待ちください。関西は東京よりかなりずれますが、朝日放送6月27日(土)の0:30と思われます。
”雑草を研究する風采の上がらない変な先生”(ご本人の弁による)と言う扱い。何を置いてもご覧ください(笑)。

2020-05-30

高橋和也氏(高45回)「中小再起 支援活用カギ」新聞記事ご紹介

高橋和也氏(高橋和也税理士事務所)ご関係の記事が、5月22日・読売新聞朝刊に掲載されていました。ご紹介いたします。新型コロナで経済活動の停滞が懸念されている今、ご参考になれば幸いです。
IMG_20200522_0001_NEW
IMG_20200522_0004_NEW
高橋和也氏(高45)

今出洋一氏(高16回)・新刊「神の子鬼の子狐の子」ご紹介

今出氏の最新刊・5冊目の著書です。
今出洋一(高16)5
今出氏は大学卒業後、流通業大手のジャスコ(現イオン)に入社。新規事業を立案・実施する部門で活躍されていました。定年退職後、執筆生活に入られ本書で5冊目となります。船橋市在住。

2016年 大坂のべろべろ。 2017年 人斬り伝八郎。 2017年 噛んだろか婆さん。 2018年 播磨の男達。  2020年 本書 (何れも一粒書房発行)。

上記5冊共、加古川東高図書室「清流文庫」に所蔵されている。 

渋谷秀樹氏(高25回)「信濃毎日新聞記事」ご紹介

渋谷秀樹氏信濃毎日記事20200430←クリックしてください。

渋谷秀樹氏(高25回)「静岡新聞記事」ご紹介

渋谷秀樹氏静岡新聞20200424記事←クリックしてください