過去のニュース

「東京支部同窓生の集い2018」・神戸新聞記事

11月13日・神戸新聞朝刊記事。ごらんください。

2018年11月13日神戸新聞朝刊

清流会東京支部 同窓生の集い2018 写真ギャラリー

清流会東京支部同窓生の集いでのスナップ写真を掲載致します。

このページは2〜3週間後、パスワード保護します。

高28回・松本仁氏の著書「よもやま花誌(ばなし)」のご紹介。

高28回生・同窓生が作り上げた本。「よもやま花誌」
幼時から花に興味を持ち、遂にはライフワークとして打ち込んでしまった”花の研究者”松本仁(ひとし)氏の著書。挿絵はそれに共鳴した元美術部・新部由美子(しんべ・旧姓および雅号)さん、現姓は西田さん。そして門田耕作氏が編集・発行のミニコミ紙「お好み書き」に連載していたもの。まさに高28回生の合作本が、今年6月に新評論社から発行されました。

副題に「植物とのふれあい五十年」とあります。著者が激務の傍ら花を訪ねて全国いや海外までも足を伸ばされた軌跡が、森羅万象、植物史にまで及ぶ豊かな知見と共に小さな花一輪一輪への愛情が描かれています。
著者は 「人生を 『しあわせ』 にする植物たち」 という観点で書いた本だと述べられている。あわただしい日常の中で身のまわりの花々に思いを寄せる、そのような気分にさせてくれる一冊だと思いました。

本文中には キキョウ 平荘湖。 タヌキマメ 法華山一乗寺。 オニバス 土山の川池。 オオヤマジソ 石の宝殿。 など懐かしい地名も登場する。

よもやま花誌

 

余談ですが自宅に栽培されている花の中で、古典園芸植物と呼ばれる ”お江戸” にゆかりのある代表的な花をお聞きしました。変化アサガオ(朝顔)、金魚ツバキ(椿)、伊勢ナデシコ(撫子)、伊勢キク(菊)だそうです。

松本仁氏、ヨシ原を背に宇治川にて。

松本仁氏、ヨシ原を背に宇治川にて。

*筆者注 松本仁氏は理学部化学科を卒業された研究者で、お花とは全くの畑違い。サンスターに勤務(1980~2017)されていました。退職後は技術士事務所を開設されている。
11月9日には、関西から出席されます。親しく花談議を交歓してください。

東京支部「同窓生の集い 2018」ご案内

今年は11月9日(金)です。場所は例年と同じ市ヶ谷です。ご友人お誘い合わせでお越しください。お待ちしています。

日 時 平成30年11月9日(金) 18:30~21:00(受付は18:00より)

場 所 アルカディア市ヶ谷(私学会館) 3F富士の間
千代田区九段北4-2-25 03-3261-9921 URL http://www.arcadia-jp.org/

アルカディア市ヶ谷

アルカディア市ヶ谷

会 費 男性・女性共 8千円、フレッシャーズ(高62回~69回)3千円、旧制中学・新卒(高70回)はご招待。

今年のOBゲストスピーカー 小西美穂さん(高40回、日本テレビ・キャスター)

小西美穂さん

小西美穂さん

ご参加の申込み 各年次幹事さんにご連絡ください。年次幹事さんがお判りにならない場合は、支部事務局までどうぞ。

〒230-0033 横浜市鶴見区朝日町2-67-1-309 山本昭稔(高14回) 045-504-6992

Email aki_yamamoto4385@88.netyou.jp

全員集合2017

全員集合2017

↑ クリックしてください。

 

 

 

芸術の秋!中崎啓祐氏(高12回)「NTTドコモ同友会写真部展 2018」のご案内

中崎氏の作品「今日もいい日」

中崎氏の作品「今日もいい日」

会期 2018年10月10日(水)~10月15日(月)

時間 10:30~18:30 (最終日 16:30まで) 入場無料

場所 リコーイメージングスクエア新宿(ペンタックスフォーラム) ギャラリーⅡ

新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階) 050-3534-6371

ドコモ同友会写真部は、NTTドコモグループ退職者の写真サークルです。中崎氏は永年のカメラの腕を、さらに磨きをかけて活躍されています。作品「今日もいい日」は、写真部展2018の代表作品としてトップを飾っている。

●第68回 杉並区総合文化祭写真展

2018杉並区総合文化祭←クリック

こちらでも、作品「広場」が区議会議長賞を受賞されている。

 

 

小西美穂さん(高40回)の新作 「七転び八起き」(日経BP社)

この程、小西美穂さんが二冊目の新刊を出版した。好評を得ている。アマゾンで検索したら”ベストセラー”と評価されていた。ご同慶の至り。
9月27日の八重洲ブックセンターでのトークショーも、満員御礼だった!
八重洲ブックセンター
大阪梅田・蔦屋書店でのトークショーは10/14日(日)14時~。これは下記のホームページから「事前申し込みが必要」となります。

*申し込み制となっておりますのでご注意願います。  http://real.tsite.jp/umeda/event/2018/09/post-618.html

関西の清流会メンバーに応援をお願いしました。

10月14日 梅田・蔦屋書店にて

10月14日 梅田・蔦屋書店にて

11月14日 梅田・蔦屋で先輩のお姉さまと

10月14日 梅田・蔦屋で先輩のお姉さま方と

右側の高21回・杉原(横山)眞理子さんは、大阪から今年も11月9日に出席されます。

11月9日(金)の「東京支部・同窓生の集い2018」で、小西美穂さんはOBゲストスピーカーとして登場頂きます。

皆さん お楽しみに!

大先輩の菅原洋一氏(高4回) ”加古川観光大使”に!

神戸新聞記事 10月26日

神戸新聞記事 10月26日

↑新聞記事をクリックしてください。

10月31日に菅原氏の大使任命式が、日本橋堀留町・オークラ輸送機さんの東京本部オフィスに開設された  ”加古川観光ブース” で行なわれます。当日は支部からも松井支部長や有志の方が出席します。

ステージではなく間近にお目に掛かれるチャンス! ご都合がお付きの方、是非 お越しねがいます。

10月31日(水) 15:00~17:00

任命式は15:00から始まります。下記の地図をご覧ください。

観光協会1_NEW ←クリックしてください。

「東京支部・同窓生の集い」に出席された時の菅原氏です。

若い後輩たちと笑顔で大満足のご様子(笑)。

菅原洋一氏11月13日

菅原洋一・高65回生と

 

 

 

第12回・東京加古川会。10月31日です。

今年の東京加古川会は、10月31日(水)に開催されます。場所 千代田区東京グリーンパレス。18時からですが、時間が短いので参加されるなら遅刻はご用心。

昨年の会場風景。右は清水ひろ子・播磨町長(高19回)

昨年の会場風景。右は清水ひろ子・播磨町長(高19回)

昨年の会場風景

昨年の会場風景

30年東京加古川会案内←ここをクリックしてください。

 

平成30年度・東京支部年次幹事会を8月31日に開催しました。

平成30年度から各年次幹事を複数制に改編しました。これは年次幹事制度の一層の強化を意図したもです。平日にも拘わらず約50名ものご出席を頂きました。心強い限りです。特に高68回~70回と最若手全年次のご出席を得た事、これは支部・事務局の粘り強い努力もさることながら、清流会・首都圏支部として将来的な重要性を暗示したものと捉えられます。
松井支部長からの報告を踏まえて、下記の各項をご審議、ご了承を頂きました。会議終了後、有志一同での二次会。年代の差を越えて播州弁満載(笑)、同窓生の絆を深めました。

1.支部活動報告 本部・支部長懇談会報告(8月5日)

東京支部 29年度活動報告、会計報告

2.「同窓生の集い2018」開催案
11月9日(金)開催。今年の同窓生ゲストスピーカーは小西美穂氏(高40回・日本テレビ解説委員・キャスター)

小西美穂さん(高40回)

小西美穂さん(高40回)

クイズ司会はNHKチーフアナウンサー・高瀬耕造氏(高46回)。
NHK・高瀬耕造アナ

NHK・高瀬耕造アナ(高46回)

校歌斉唱 広瀬敏郎氏(高18回・シャンソン歌手)

広瀬敏郎氏(高18回)

広瀬敏郎氏(高18回)

3.今後の進行日程など、事務局より
●全員に案内が行き届くよう年次別名簿の更新を進めてください。9月中頃に案内状、プログラムなどを届けます。
●恐縮ですが、クイズ賞品のご提供をお願いいたします。今年から名簿に高校時代のクラブ活動も追記します。中学校名と共にお知らせください。
●年次幹事さんのお立替頂いた費用の振込先をお知らせください。

平成最後の年、ご出席者目標は300名です。同期の皆さまへのご案内、洩れなきようお願い申し上げます。

4.年次幹事近況報告(二次会を含む)
Q:年会費納入方法の改善について。昔 コンビニが使えるようになって大変便利になったと喜んだのだが、今のご時世です。インターネットやスマホを活用した決済を早く可能にして欲しい。手間が省け ”うっかり忘れ” が防げます。我々年配者以外にも若手の年会費納入者は絶対に増えると思う。

昨年秋、東京支部から要望したと聞いているが、その後何も聞かされていない。なぜ進行しないのでしょうか?

A:松井支部長 若手の方からも強く要望されている。本部と引き続き、具体策を協議中であるのだが・・・。

●渋谷秀樹氏(高25回・立教大大学院教授)の著書が「現代文B」教科書に採用され、4月から東高2年生でも使っているとご案内。皆さん 快挙とお喜びでした。
●東京支部・古典芸能鑑賞会は会を重ねるごとに盛況で、参加者が大変に増えて喜んでいる。

●東京六大学野球。秋の神宮・新人戦に高69回生(法政)の応援に行くことになった。
●マラソン大好き会員さん。100マイルを寝ずに走ったとか。これはすごいで方すね。
●外国航路船長さんが出席していたが、若者は乗船後の長期休暇の過ごし方に興味を抱いていた(笑)。
●その他、若い方から結婚や出産のお目出度話をお聞きした。

●新会員、高70回生が2名初参加。皆さんから大歓迎の拍手を受けていた。etc.

5.ご出席者(敬称略)
Aサイド 左から 野角計宏(17)、長谷川通(16)、中崎啓祐(12)、高久重剛(10)、井上晴視(7)、松井昭憲(30)、中塚伸幸(33)、大森一司(46)、折戸誠子(50)、沼田亜希子(52)、奥野誠司(46)、水谷朋子(34)

H30年・年次幹事会A←クリック

Bサイド 右から 多木良國(19)、森谷信明(22)、上埜嘉雄(23)、井上雅仁(24)、岸本真(24)、安井昌子(26)、砂川幹雄(28)、平井賢治(29)、福井毅(31)、田中寛(32)

H30年・年次幹事会B

Cサイド 左から 白坂香織(35)、穴田卓司(36)、大内和夫(37)、今村友美(41)、森田富雄(42)、川波紀子(43)、岡本賢裕(44)、喜多山真吾(44)、神吉久永(45)、神谷敏充(47)、矢内啓一(49)、長澤達朗(51)
H30年・年次幹事会C


D
サイド 右から 中山智裕(53)、山口拓人(55)、豊島大地(58)、島津高英(58)、藤原亮(61)、藤田耕輔(63)、上野勇輝(68)、大村浩士(69)、鳥本明大(70)、高木咲恵(70)、山本昭稔(14)
H30年・年次幹事会D

 

 

 

 

渋谷秀樹氏(高25回・立教大大学院教授)の著書、高校生教科書に。

高校(2・3年生用)の『現代文B』に渋谷氏の著書「憲法への招待 新版」(岩波新書)が採用されました。出版社・明治書院の改訂版の目玉となっています。
同窓生の著書が教科書に登場とは、我々同窓生一同の大きな誇りであり、喜びであります。快挙なり!
更に嬉しい話。なんと母校東高の教科書に使われている事がわかりました。これを知った渋谷先輩も、感慨無量だったそうです。
学窓を離れて幾星霜の卒業生諸氏にとっても、教科書とは懐かしい存在。もし手に取る機会があれば紐解きたいものです。

*教科書現物は、11月9日の「同窓生の集い2018」会場に展示させて頂きます。

又 7月18日の毎日新聞朝刊 ”ミニ論点” に、参議院選挙区選挙に関する改正についてのコメント記事が掲載されていました。ご覧ください。https://mainichi.jp/articles/20180718/ddm/012/070/035000c
渋谷氏の更なるご研鑽を期待申し上げます。

筆者注:11月9日(金)の「東京支部・同窓生の集い2018」には、渋谷氏もご出席されます。お楽しみに。

渋谷秀樹氏(高25回)

渋谷秀樹氏(高25回)

新 精選 現代文B・明治書院

 

森鴎外や夏目漱石など錚々たる名文家と渋谷秀樹氏の名前が並ぶ。

森鴎外や夏目漱石など錚々たる名文家と渋谷秀樹氏の名前が並ぶ。