過去のニュース

清流会東京支部 同窓生の集い2017 写真ギャラリー

清流会東京支部同窓生の集いでのスナップ写真を掲載致します。

 

神戸新聞・11月12日の記事です

神戸新聞記事29年11月12日

11月10日の「同窓生の集い」記事。東播版に掲載されていました。ご覧ください。

小西美穂さん(高40回生・日本テレビ解説委員)の著書紹介「3秒で心をつかみ、10分で信頼させる 聞き方・話し方」

大阪よみうりTVから日本テレビへ移り、報道キャスターとして活躍されている小西美穂氏。この度初めての著書を上梓されました。
永年の記者・キャスターとしてのキャリアーで身に付けた「聞き方、話し方のコツ」をまとめられたものです。同窓生の著書をご紹介いたします。

今回の初著書

今回の初著書

BS日テレ「深層NEWS」より

BS日テレ「深層NEWS」より

 

 

 

「東京支部・同窓生の集い2017」のご案内

本年の同窓生の集いは、平成29年11月10日(金) に開催いたします。昨年のご出席は285名と大勢の同窓生が集まりました。今年もどうぞお越し願います。

■ 開催日、時間 11月10日(金) 18:30~21:00 受付開始(18:00より)

■ 場所 アルカディア市ヶ谷(私学会館) 富士の間(3階) 千代田区九段北4-2-25

JR市ヶ谷駅、地下鉄市ヶ谷駅より徒歩2分   電話 03-3261-9921

URL http://www.arcadia-jp.org/

清流会東京支部「同窓生の集い2017」案内 ←クリック

2016年の全員写真

2016年の全員写真

 

平成29年9月4日 年次幹事会を開きました。

「同窓生の集い 2017」の開催を11月10日(金)に迎え、各年次幹事さんと役員が集まりました。

今年のOBゲストスピーカーは高30回岸本健利氏・ニッカウヰスキー代表取締役をお招きいたします。ご期待ください。

●28年度支部会計報告 ●本部・支部長会議(8月6日・加古川)報告 ●本年度「集い2017」開催の審議 その他質疑応答など行いました。

出席者全員からの近況報告、お子様の誕生やら外国留学など和やかに進み、笑い声が絶えませんでした。

終了後、有志で近くの居酒屋へ。市ヶ谷の夜に播州弁が飛び交っていました(笑)。

こんなご縁もわかり奇遇に驚きと嬉しさ、今回初めて出席された方の母上が、出席していた先輩の義妹の親しい友人だったそうな。やはり地元のご縁は深い。
ご出席の皆さん(敬称略)  写真:事務局・山本昭稔氏(高14)撮影

左から穴田卓司(高36)、今村友美(高41)、川波(合田)紀子(高43)、神谷敏充(高47)

左から鎌田(岡田)早苗(高32)、松尾隆敏(高34)、西川徹(高35)穴田卓司(高36)、今村友美(高41)、川波(合田)紀子(高43)、神谷敏充(高47)、長澤達朗(高51)、沼田亜希子(高52)

左から砂川幹雄(高28)、安井(松田)昌子(高26)、高見浩三(高25)、井上雅仁(高24)

左から福井毅(高31)、平井賢治(高29)、砂川幹雄(高28)、安井(松田)昌子(高26)、高見浩三(高25)、井上雅仁(高24)、上埜嘉雄(高23)、森谷信明(高22)、野角計宏(高17)

左から長谷川通(高16)、高久重剛(高10)、井上晴視(高7)、松井昭憲(高30)、中塚伸幸(高33)

左から長谷川通(高16)、高久重剛(高10)、井上晴視(高7)、松井昭憲(高30)、中塚伸幸(高33)、大森一司(高46)、奥野誠司(高46)、折戸(野口)誠子(高50)

左から北岡旦(高64)、納庄一樹(高60)、島津高英(高59)、山口拓人(高54)

左から北岡旦(高64)、納庄一樹(高60)、島津高英(高59)、山口拓人(高54)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母校 スーパーサイエンスハイスクール最優秀賞を受賞

全国SSH指定校206校の頂点に!
東高の自然科学部物理斑微小重力チームの5名。この度、最優秀の文部科学大臣賞を受賞しました。昨年の「科学技術振興機構・理事長賞」(全国二位に相当)に続く、2年連続の快挙です。
おめでとう!!後輩諸氏の活躍に拍手を送ります。卒業生の皆さん、母校・生徒さんと共に、喜びを分かち合い下さい。

■朗報に接し、松井昭憲支部長から安本直校長に祝意を表しました。以下原文のまま、ご紹介いたします。

●8月29日 全国スーパーサイエンスハイスクール最優秀賞受賞おめでとうございます。

「平素より清流会東京支部活動では大変お世話になり深謝申し上げます。
この度の全国スーパーサイエンスハイスクールでの最優秀賞受賞、誠におめでとうございます。清流会東京支部の役員内でも、この快挙のニュースが飛び回りました。全国SSH指定校206校の頂点ですから、それは快挙です。東高の生徒のレベルの高さは勿論のこと、安本校長の”自治創造、明朗親和”の精神を後押しする強いリーダーシップの賜物と思います。
東高の名前が全国レベルで知られことは、我々卒業生の誉れであります。是非、来年以降も連続受賞を勝ち取ってください。

安本様に11月10日(金)の清流会東京支部同窓生の集い2017でご拝眉できますことを清流会東京支部一同楽しみにしております。
以上、メールでのお祝いとなり失礼申し上げます。まだまだ残暑厳しい折から、是非、ご自愛ください。清流会東京支部長・松井昭憲 拝

安本校長からの返電です。

●8月29日 祝メールありがとうございます。

この度のSSH生徒研究発表会において文部科学大臣表彰を受賞できましたことは、誠に有難い快挙であり、清流会の皆さま方に胸を張ってご報告できる結果となりました。

昨年度の科学技術振興機構理事長賞(全国2位に相当)に続く受賞とあって、本校の研究レベルの高さを全国に示すことができた反面、次年度以降へのプレッシャーも大きなものががありますが、また角度を変えながら研究に取り組んでくれるものと期待しています。
多くの方々からお祝いの言葉を頂戴し、生徒達も誇らしい気持ちで新学期を迎えることでしょう。

11月の東京支部の会には改めてご報告させていただきます。お目にかかれますことを楽しみにしております。

兵庫県立加古川東高等学校校長 安本 直(やすもと すなお)

*尚 このメールの公開は、両氏からの了解を頂戴しております。

 

20170823加古川東高スーパーサイエンス賞←神戸新聞記事

0810SSH発表会1

チーム5名の諸君

チーム5名の諸君

因みに兵庫県内のSSH高は、武庫川女子、神戸、龍野、尼ヶ崎小田、明石北、豊岡、三田祥雲館、六甲アイランド。の計9校です。

SSH文科省_NEW ←文科省・プレスリリース

大きな幕だぁ!

大きな幕だぁ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清流会会長に大庫隆夫氏(高28回)が就任されました。

大庫隆夫・清流会会長

オークラ輸送機(株)副社長 昭和55年関西学院大学・商学部卒
平成29年8月6日、新会長に就任。

高瀬耕造氏(高46回)・平成29年8月6日

 

同日の清流会本部総会。東京支部ではお馴染みのNHK・チーフアナウンサー高瀬耕造氏(高46回)が、同窓生スピーカーとして講演。各年次の方々との写真撮影で引っ張りだこだったとか(笑)。

海外研修用ピンバッジ

海外研修用ピンバッジ

これは生徒さんが海外研修旅行の時に着用します。1ケ 千円以上です。母校後輩たちの援助に購入して上げてください。詳細は東高HP「ふるさと納税」のページで。

同窓生の訃報

 

2016年9月8日年次幹事会3松原氏    故松原氏の在りし日のお姿です。5人の内(クリックしてください)、下向きの中央の方です。松井支部長らとご一緒です。平成28年9月8日・東京支部・年次幹事会にて。

平成27年11月13日・「同窓生の集い2016」会場。

平成27年11月13日・「同窓生の集い2016」会場。

高10回生・松原貞和氏が本年5月27日に逝去されました。享年77歳。

松原氏は平成16年の現執行部体制の開始以来、幹事として東京支部活動に貢献いただきました。ご冥福をお祈り申し上げます。

ご葬儀はお身内で済まされましたが、ご子息から「和む会」のご案内を頂いております。

「松原貞和と和む会」のご案内

平成29年5月30日「第11回東京加古川会」のご案内

加古川・高砂・稲美・播磨の2市2町の首長が出席の交流・懇談会。「東京加古川会」です。

日時 5月30日(火) 18:30~20:00

場所 東京グリーンパレス・地下一階「ふじ」 千代田区二番町2 03-5210-4600  www.tokyogp.com/

会費 七千円

申し込み FAX 079-424-1370 5月10日まで

お問合せ 加古川市企画部政策企画課 橘氏 079-427-9765 kouiki@city.kakogawa.Ig.jp

平成29年東京加古川会案内状

平成29年東京加古川会FAX送信票

29年東京加古川会会場案内

昨年5月18日の会場

昨年5月18日の会場

加古川観光大使の北原雅樹氏(俳優・左)と中村譲氏(俳優・右)。

加古川観光大使の北原雅樹氏(俳優・左)と中村譲氏(俳優・右)。

 

 

 

 

高25回・内田裕之氏(山梨大教授)が「電気化学会・学会賞」を受賞されました

内田裕之・山梨大学クリーンエネルギーセンター長が、電気化学会の学会賞では最高峰の武井賞を受賞されました。燃料電池分野の進歩発展に大きく貢献されたことが認めらた素晴らしい業績です。おめでとうございます。

受賞講演は、首都大学東京・南大沢キャンパスで開催された学会(3月25日~27日)で行われました。

正式の受賞テーマは「燃料電池反応の複合解析に基づく高活性・高耐久性電極触媒の研究開発」となっています。
燃料電池の電極反応機構と劣化機構を種々の測定法により複合的に解明し、高活性・高耐久性触媒の設計指針の確立に大きく貢献した。その知見をもとに実用ナノ合金触媒を合成し、低温度でも有効に機能する触媒層などを開発した。とありますが、素人には難解ですね。

電気化学学会での受賞・平成29年3月

電気化学会での受賞

東京支部での講演・平成22年11月

東京支部での講演・平成22年11月